小西教授が日本公共政策学会「論説賞」受賞

本学部の小西敦教授は、下記の論文で、2020年度日本公共政策学会の「論説賞」を受賞しました。

<論文情報>
小西敦「大規模災害時のトリアージ概念の再検討(1)(2・完)」『自治研究』 95巻7号・8号

<受賞理由>
本論文は、先行研究の成果を踏まえ、トリアージの概念を再検討することにより、トリアージを行為順位の決定と捉える「行為順位決定説」を提言する論説である。救助、搬出、応急手当、搬送、治療という行為ごとに、各行為ができる者は、その行為の優先順位、すなわち、トリアージを決めることができるとする着眼点は、実施権限者を拡大し、かつ、法的な根拠を明確にするものである。現代の災害多発社会にとって避けることのできない重要なテーマに果敢に挑戦している点、論点が非常に明快に整理されている点、実態に基づき新たな着想によりトリアージを分析の俎上に載せている点が公共政策学的に高く評価できる(同学会総会資料による)。

掲載日: 2020/06/10(19:19:27)
カレンダー
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日の予定
予定はありません。
今後の予定
予定はありません。
〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1 静岡県立大学経営情報学部 TEL:054-264-5008(学生室)
Copyright(C)2020 School of Management & Information, Univ. of Shizuoka. All rights reserved.